◆磨き・下地処理


  コート剤の良し悪しについて語られることは多いですが、この「下地処理」という工程が非常に奥が深く、仕上がり・光沢に影響を及ぼすものとなります。施工料金が高額なのは、高級なコート剤を扱っているだけでなく、専門店ならではの磨きの下地調整の作業にあるからなのです。ある時には洗車だけでも2時間以上かけ、磨きを含めて丸一日。ある時は夜遅くまで納得のゆくまで磨き上げています。とは言いましても、傷一つなくなるまで磨き続けるというのではなく、塗装を磨きで傷めるのを最小限にしながら、塗装の最大限の美しさを引き出してあげることを目指して繊細な作業を行います。

こうして整えられた美しい素肌を、最良のコート剤でしっかりと保護するのが賢明と言えます。従来の耐久性の弱いコーティングを毎年のように再施工すればその都度磨きも付きまといますので、何度も磨きを入れることで1mmにも満たない塗装膜厚は確実に減ってゆき、塗装そのものが弱くなってしまいます。最新のガラスコートでボディーを守り、保護膜・犠牲膜となって痛んだコーティングの再施工のスパンを長くすることで、車は新車のような美しさをキープできるのです。
 
〜 Before 〜
アルファロメオ・ソリッドブラックのボンネット
洗車傷と雨染みの嵐です。
  〜 After 〜
磨きで黒が鮮やかにすっきりします。
 
〜 Before 〜
とてもやわらかいトヨタのソリッド・ブラック202
傷も入りやすく繊細な色です。
  〜 After 〜
酸性雨クレーターは若干残りますが、小傷とイオンデポジット除去することで純黒の美しさが冴えます。
 
〜 Before 〜
ニッサン スーパーブラックKH3
典型的な洗車傷です。洗車やワックスがけでどんどん蓄積していきます。光の乱反射がはっきりした写り込みをダウンさせます。
  〜 After 〜
やはり黒の凄みはこの映り込みから生まれますよね。 ガラスコートでしっかり保護しましょう。
 
〜 Before 〜
ホンダ ブラックアメジストパール
柔らか目となるホンダの塗装は、小傷も入りやすく、酸性雨により塗装が侵され、ピンホールのクレーターも比較的早めに出来てしまいます。
  〜 After 〜
こちらは磨きですっぴんボディーを取り戻した後、良質なガラスコートで塗装面に保護膜を形成し、犠牲膜となりボディーを守ります。
◆施工環境
良い施工環境は、質の高い仕上がりを求める上で必要不可欠です。
当ガレージでは、完全無風・完全空調・小キズの見える照明設備を整え、 万全の体制で1台1台全工程に責任を持って仕上げております。
◆セキュリティ

お客様の大切なお車を2日から3日お預かりする場合でも、夜間はガレージ内にて大切に保管させて頂いております。当社のセキュリティ犬たちも抜群の反応でお車を守るため、目や耳を研ぎ澄ませております。
SECOMも完備しています。